読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

king of kings 2016


f:id:minoru-1291287:20170109145554j:image

 

ディファ有明で開催されたking of kings2016、通称KOKに行って来ました!

アベマで生放送されていたのでご覧になった方も多いのでは!?

今日は記憶がホットなうちに感想をつらつらと書きたいと思います。

 

 

①印象に残ったMC

 

・輪入道

個人的に今回は輪入道の大会でした。

1回戦のlick-g戦からぶちあげてくれました。

判定を間違える司会のマスター、音を止めてしまったDJ、それらを含む運営全てを「ふざけんじゃねー」と一喝。

さらに輪入道のライムを先読みして被せてきたlick-gに対して「いきなりどうした?あぶねーもんやってんのか?」と痺れる返し。

会場の空気を8小節で一変させました。

 

続く呂布カルマ戦では呂布カルマ得意の揚げ足とりに全く動じることなく完封。

年末の2016罵倒の決勝と同じ結果となりました。

 

さらに昨年度チャンプのスークンを撃破し、決勝のGADORO戦は僅差で破れましたが、輪入道のパフォーマンスがよりGADOROを引き立てているように映りました。

 

出場したMCの中で最も自身の魅力をラップで表現できていたと感じました。

とにかく凄かった!

今年はなくなったMVP制度ですが、あったら間違いなく輪入道でしょう。

 

・GADORO

勝ちにきてる感がひしひしと伝わってきました。

しかし気負い過ぎていたのか、昨年度よりビートアプローチが雑な気がしました。

またKREVAの「インペリアル➡韻で決まる」のサンプリングも沸いていたのはGADOROファンだけだったかと。。。

ロッキー3やフレイバーオブライフなど

(それかっこいいか…?)

的なラインも多かったかなぁというのが個人的な印象。

 

一方でライムを捨てての輪入道との決勝ではGADOROの進化を感じました。

ライムなしでも多くの人の心に届くラインを出せるようになったのは地道な日比の活動の積み重ねだと思います。

 

昨年の方が個人的には好みでしたがまだ進化の途中ということでしょう。

優勝おめでとうございます。

 

・CIMA

後の運営についてで書きますが、彼は負けていません。

ちゃんと見たかった。

それだけです。

 

・スークン

初代チャンプという立場からくるプレッシャーに勝てなかった感がありました。

昨年度の様なのびのびとしたスークンのラップではなかったです。

1回戦のじょう戦では2連覇、ジレンマを2回も使っていましたし、全試合を通じて得意な分野であるはずのユーモアが全く発揮されませんでした。

「簡単な韻で充分」というのは間違いないとは思いますが、今回はそれを伝えられるラップではなかったかな。。。と。

予選の時は昨年度と変わらぬキレキレのパフォーマンスだったので残念です。

 

お疲れさまでした。

これに尽きます。

 

呂布カルマ

「MCバトルはじゃんけんの様なもの」というのを彼を通して強く感じました。

1ヶ月で2回も輪入道に負けるという屈辱を味あわされたわけですが、正直なところ輪入道とは相性が悪すぎでしょう。

これがGADOROやスークンならまた違ったのかもしれません。

しかし無礼を承知で言わせてもらいますが

「輪入道に勝つ姿が想像できない」

というのが2回とも現場で観ていた僕の感想です。笑

 

スークンと同じようにかまさなきゃいけないというプレッシャーも強かったかと思います。

ひとまずお疲れさまでした。

 

・ACE

使い回しがさすがに目立ちました。

mol53➡飛べる鳥➡添えるのみ

この流れはセルフサンプリングなのかもしれませんがさすがに「なし」ですかね。

 

 

・烈固

サ上戦の延長でノッてきた感ありましたね。

気持ちよくラップしてくれました。

GADORO戦はほぼ互角でしたし、ハマればめっちゃ強いって感じですかね。

生で初体験でしたが良いところが観れて良かったです。

 

・タカセ

みんなスーツなのに一人だけジャージみたいなスタンスがとても良かったです。

ほっこりしました。笑

 

・lick-g

あの状態の輪入道が相手だったのは運がなさすぎる。笑

 

バトル引退しないでほしいですね。

 

・イスギ

大会のノリ、ビート、客層。

全てが彼のようなラッパーにとってはアウェイなのでは。

僕としては昨年に引き続き予選でかっこいいところが観れたので充分です。

出て来た事実だけでもリスペクトってとこにいるラッパー。

これはエローンさんもそうだけど。

 

 

②演出

オープニングのDJからムービーの流れはとても良かった。

マスターのラップも意表を突かれたので良かったです。

 

俺は観客席の上段にいたんですが、リングの高さが上段とそんな変わらないから全然見えなかった。

まぁ見えないのは良しとしてモニターに試合の様子を映せよってずっと思ってました。

戦ってるやつの顔と名前なんかみんな知っとるわ!

ステージングも大事な要素みたいなこと言ってましたよね。

観客もジャッジしてるんだから見せれるなら見せろよ。

っていう不満。

理由があるとしたらすいませんだけど、もう少し考えられるはず。

 

あと優勝決まってからあっさりし過ぎ。

昨年の方が大会のスケールがでかく感じた。

 

 

ラウンドガールの露出をなぜ下げたのか?

昨年のがエロくて良い。

HIPHOPにはクールでナスティな魅力があるんだぜ!(byイスギ)

 

 

あとビート!

乗りにくそうなビート多くなかったすか?

初見のオリジナルビートなんだからもう少し普通の方が良くない?

あと90年代フレイバー漂うトラックとかあってもいいじゃん。

メロウなのもあって良いと思うし。

もっとトラックのバリエーションがあった方がゲットするMCも嬉しいでしょ。

 

昨年のビートを延長で使うのは個人的には良かった。

でも決勝の延長が昨年の決勝ビートってのは安易過ぎないですかね。

ちょっと萎えた。

 

 

③運営サイド

これは皆さんが思ってることと同じだと思います。

日本一のMCバトルを目指してるなんてよく言えたもんだってところが結構ありました。

 

CIMAなんてあの状況から勝ちにできないでしょ。心情として。

アクシデントものともしないGADOROはんぱねー!ってなっちゃうでしょ!

GADOROだってあんな勝ちは嫌でしょ!

あれはドロー。最低でも協議があっても良かったと思う。

トラブルのせいでそれまでのラップ思い出せないもん。

 

マスターの判定が間違いすぎなのは予選からだったわけで対策はできたのでは。

 

ドローの札が0.5ってのは僕も良くないと思います。

大半が引き分けとした試合の勝者になるMCってのはどんな気持ちなのかと。

タイトな大会ってのは素晴らしいことだと思うけど延長はある程度は必要でしょう。

 

 

・総評

当然ですけど楽しませてもらいました。

MCバトルの大会でみんながこんなに考えているって状況を作りだしたことも素晴らしいことだと思います。

 

だがしかし、お粗末なところが前回より遥かに目立ったのは事実。

口より行動。

論より証拠。

KOKは日本一のMCバトルにならないといけない状況をじぶんたちで作ったわけですからファンを失望させないでもらいたい。

来年は改善されて進化したMCバトルを楽しませてもらえることを期待します。

 

・最後に

そもそもMCバトルってのは何を競うところなのか?

よりHIPHOPかどうか?

パンチラインの多さ?

押韻の数?

レゲエやポエトリーは優勝しちゃいけない?

 

僕は「あいつはやべぇ!」って思わせられたら何でも良いと思います。

批判するのも自由だと思いますし、誰が好きでも良いと思います。

もし今のチャンピオンが許せないなら自分で倒せば良いだけだと思います。

 

何が正しいとかはなくてスタイルとスタイルがぶつかるのがHIPHOPなのかなーと。

みんなおんなじことばっかじゃ嫌でしょ!

 

 

最後になりましたが出場したMC、関係者の皆さま、お疲れさまでした。

生意気なことを書いて申し訳ありません。

 

しっかり見直したいのでDVDは買います。笑